外貨MMFは初心者の味方

外貨MMFが注目される理由

日本国内の金利がまだまだ低い水準にあることで、預け入れる資産を金利の高い外貨を活用して増やそうとする動きが堅調です。アベノミクスが始まって円の価値が下降基調にある中でも、外貨を活用した資産運用が活発に行われているのは、それなりのメリットがあるからです。

今、外貨に注目が集まっているのは、円高基調だった時から円安基調になったときに、受け取れる為替差益に注目が集まっているからです。円が高いうちに外貨を多く手に入れ、円が安くなった時に外貨を売りさばけば、当然為替差益が生じて、購入した時よりも利益を得られることは間違いありません。

ところが、外貨MMFを使って投資していた場合、いくら利益が出たとしても、為替差益に対しては非課税となります。例えば30万円の為替差益が出たとしても、外貨預金であれば20万円を超えた部分の10万円に対して15%との所得税がかかりますが、外貨MMFでは一切非課税になります。そのため受け取れる為替利益に換算すれば、1万5000円の差が生じてしまうのです。外貨建て商品ゆえに、当然ですが為替の急変動による影響を受けてしまうことがありますが、それを差し引いても高額の利益が得られ、税金の節約も可能な外貨MMFは非常に注目されています。

Page 7 of 15     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15